【2021年版】設計士のための抗菌塗料ガイド【実験検証あり】 » 抗菌塗装の豆知識 » 光触媒塗料について

光触媒塗料について

公開日: |最終更新日時:

塗料の中でも、まだ新しい塗料である光触媒塗料。一番の特徴はセルフクリーニング効果で、手入れいらずで長くきれいな外観を保てると注目されています。ただ、まだ実績が少ないこと、お値段が高いことなどのデメリットもあるので、それらのこともよく知っておく必要があります。

光触媒塗料とは

光触媒塗料とはセルフクリーニング効果を持つ塗料のことで、太陽の光に反応して汚れを分解してくれるため、洗う手間がない便利な塗料です。塗料に含まれる酸化チタンが紫外線に反応し、空気中の大気汚染物質を分解する働きを持つ活性酸素を発生。塗った面に汚れが蓄積されにくいようにします。

さらに水に対しての親和性が高いので、分解された汚れが塗膜に浮かび上がり、雨が降ればそのまま洗い流してくれるといった嬉しい働きも。これがセルフクリーニングと呼ばれる所以でもあります。車の排気ガスなどの汚れも分解してくれるので、道路沿いの家などでは、塗っていない家に比べて長くきれいな外観を保てます。

また、静電気によって空気中の汚れや臭いがついて外壁に汚れが蓄積されてしまいますが、光触媒塗料を塗った外壁は静電気が帯びにくくなり、空気清浄効果や防藻・防カビ効果などが期待できるといった嬉しい働きもあります。

光触媒塗料のメリット・デメリット

光触媒塗料のメリットは、優れた防汚性能・耐久性と空気清浄効果です。先に述べたセルフクリーニング効果で汚れがつきにくく、汚れが蓄積されにくいということは劣化も遅くなり耐久性向上につながります。
ただ、性能が高いことからも他の塗料に比べて高く、色のバリエーションが少なく、塗装がひび割れしやすいといったデメリットも。しかも、まだ歴史が浅いことからも実証結果が少ないことからも、光触媒塗料の効果が得られない場合も考えられます。

光触媒塗料の価格相場

光触媒塗料の塗装価格は、1平方メートルあたりでは3,800~5,000円が相場となっています。※情報参照元;外壁塗装駆け込み寺(https://gaiheki-kakekomi.com/home/hikarisyokubaitoryo/)これは、他の塗料に比べて1.5~2倍ほど高くなっているといえます。

光触媒塗料の耐用年数

光触媒塗料の耐用年数は15~20年程度とされています。ただ、まだ歴史が浅いことからも、メーカーによっては発売から15年たっていないものもあり、これまでのメーカー実績や研究結果から述べている場合もあります。特に、近年の異常気象や夏の猛暑などで数年前の状態とは異なる事からも、提示されている耐用年数よりも短くなる可能性もないとはいえません。

光触媒塗料の選び方

光触媒塗料は新しい塗料で、他の塗料に比べて実績が少なく金額も高くなっています。業者間によって金額も異なることから、相見積もりを取る事、業者の言う事を鵜呑みにしない、実績のある業者を選ぶのが大事なポイントとなります。
特に実績の有無は大事で、光触媒塗料は他の塗料との施工方法が異なり、普通の塗り方では十分な効果が発揮されません。できるだけ専門知識に詳しく、塗装実績も豊富な会社を選ぶと安心です。

性能が豊富な抗菌塗料3選