【2021年版】設計士のための抗菌塗料ガイド【実験検証あり】 » 抗菌コート一覧 » インラッシュコート(ベイク)

インラッシュコート(ベイク)

公開日: |最終更新日時:

専門家と共同開発した、光触媒防カビ・抗ウイルス・除菌塗料。光で汚れを分解し、カビの発生を抑制してくれます。防カビ効果においては、抗かび試験でも十分な活性を認められています。

インラッシュコートの特徴

光で汚れを分解し、カビの発生を抑制

光触媒やフッ素樹脂の開発をおこなっている北村博士との共同開発により生まれた、光触媒に金属銅、銀粉とNafion(フッ素系イオン交換樹脂)をプラスした光触媒防カビ・抗ウイルス・除菌塗料。抗かび試験でもその性能が認められています。消臭効果も高いので、タバコの臭いやシックハウス臭、排泄臭などにも働きかけます。その溶剤は水とエタノールなので、臭いもほとんどなく人に対しても無害と安心です。

日光量が少ない場所でも力を発揮

可視光応答の光触媒を配合しているので、日光量が少なくなってしまう北面や日陰でも、その効果が得られます。また、雨が当たらない部分では、雨水で汚れを流し落とすセルフクリーニング効果は期待できないものの、汚れが蓄積されにくくなることに変わりはありません。ただ、カビや菌類などの有機物を対象としているので、無機物の錆や鳥のフン、樹液などには十分な効果は期待できません。

自社開発もおこなう塗料・塗装の専門商社

販売元の株式会社BAEK(ベイク)は、東アジアを中心に塗料や塗装技術を扱う専門商社です。商品には防カビ・抗ウイルス・抗菌の光触媒塗料だけでなく、床のタイル・石材などの滑り止め液剤などもあります。最近では、インラッシュコートを活用した除菌スプレー「ウイルスTAIJIワンウィーク」の開発にも成功しています。

抗ウイルス作用で厳選
抗菌塗料メーカー5選はこちら

インラッシュコートの使用方法

施工では、ローラー・スプレーガン・刷毛などを用いておこなます。屋外用と室内用とあるので、外壁屋根等だけでなく室内の臭いやカビが気になる部分に塗布する事も可能。10分程で乾いて終了と簡単です。閉鎖空間で光が弱く、カビが生えやすい環境の浴室でも安心して使えます。インラッシュコートの施工は加盟店でも受け付けていますが、塗装業者や塗料販売業者向けにも販売しています。

編集部より

自社開発も積極的におこなっている会社で、インラッシュコートは光触媒やフッ素樹脂に詳しい専門家と共に開発。光触媒には防カビ機能がついていないものもありますが、インラッシュコートでは金属銅、銀粉とフッ素系イオン交換樹脂を加えることで可能にするなど、防カビ面について差をつけています。カビなどのプラスαにこだわる場合におすすめです。また、加盟店に依頼するのもいいですが、塗装業者への販売もおこなっているので、馴染みの業者に頼むこともできそうです。

基本情報

性能が豊富な抗菌塗料3選