【2021年版】設計士のための抗菌塗料ガイド【実験検証あり】 » 抗菌コート一覧 » ピュアコート(ピアレックス・テクノロジーズ)

ピュアコート(ピアレックス・テクノロジーズ)

公開日: |最終更新日時:

「ピュアコート」は、フッ素系イオン交換樹脂に、酸化チタンを分散させた光触媒コーティング材です。販売会社のピアレックス・テクノロジーズでは、製品開発から施工までの一貫体制で対応しています。

ピュアコートの特徴

光で分解、雨で流し、静電気をシャットアウト

太陽の光(紫外線)を受けると、酸化チタンが活性酸素を発生させて汚れを分解。水が膜のように広がる超親水性塗膜であることからも、雨水が壁の汚れの下に入り込み、浮き上がらせて流してくれます。まさに雨の日は外壁のお掃除日和にしてくれるセルフクリーニング機能です。さらに、塗膜の導電性により静電気が起こりにくく、チリやほこりを寄せ付けません。以上の働きで、外壁を汚れから守っています。

長期間での汚染防止とUVカット機能

ピュアコートで使われているフッ素樹脂は、有機系塗料の中でも最高ランクの耐候性を兼ね備えたもの。促進耐候性試験サンシャインウェザーメーターでは、4000時間(15年相当)をクリアしています。そのフッ素樹脂にUVカット材をプラスして、紫外線を70~90%以上カット。色も汗にくくするので、永く美観を保ちます。

用途に合わせたラインナップ

ピュアコートには、屋外用と室内用とあります。屋外用では水性・溶剤、タイル用、打ち放しコンクリート用とあり、室内用ではガラス向けの「Glass」、壁や天井などのインテリア製品向けと、施工する箇所に合わせたラインナップ。仕様に合わない施工では、その効果が得られなくなるので、施工箇所にあった製品を選ぶようにします。

抗ウイルス作用で厳選
抗菌塗料メーカー5選はこちら

ピュアコートの使用方法

塗装面・コンクリート・石材・タイル・金属・ガラス・ポリカ・テント地・シリコンを含むシーリングなど、幅広い施工が可能。透明な面や濃色表面にも施工できる、使い勝手の良い塗料です。施工ではエアスプレーでスピーディーに塗布し、施工当日に親水性をチェックすることが可能です。

編集部より

高い耐候性とUVカット、汚れを蓄積させないセルフクリーニングなどの嬉しい機能があるピュアコートですが、ある程度の水と光(太陽光)がないとその効果を高く発揮することは難しいとされています。また、雨筋汚れに対しては有効ですが、エフロや泥汚れ、もらい錆、黄砂などの無機質の汚れは分解することが出来ません。雨が当たらない、紫外線量が少ない室内では、セルフクリーニング効果は期待できないといった事も。こうしたことから、主に太陽の光がよく当たる場所に立つ外壁塗装に向いている塗料といえます。室内で使いたい時には、室内用の「ピュアコートインテリア」など、用途に合わせた選択が必要です。

基本情報

性能が豊富な抗菌塗料3選