【2021年版】設計士のための抗菌塗料ガイド【実験検証あり】 » 抗菌塗料一覧 » Hydro Fresh(関西ペイント)

Hydro Fresh(関西ペイント)

公開日: |最終更新日時:

ここでは、関西ペイントが提供している塗料「Hydro Fresh 」についての情報を一挙にまとめています。実際の事例や、製品としての特徴・効果、また取り扱い会社の基本データなどもリサーチしました。

抗菌塗料の採用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Hydro Freshの特徴

ハイドロ銀チタンのパワーでたんぱく質を分解

Hydro Fresh(ハイドロフレッシュ)は、花粉やカビ、汗・ニオイなどのたんぱく質を分解する触媒物質である「ハイドロ銀チタン(Hyd[AgTiO2] )」を、塗料と融合させた水性内装用塗料です。

タオルやマスクといったさまざまな製品に取り入れられているDR.C医薬の「ハイドロ銀チタン」により、花粉、ハウスダスト、カビ、汗・ニオイなども分解できます。

99.9%以上減少する試験データも!

たとえばスギ花粉の場合、光触媒作用によって活性酸素が生成されると、その活性酸素が花粉表面のたんぱく質と反応。変質や分解が複雑に起こり、最終的には二酸化炭素や水といった物質にまで分解が行われます。

付着アレル物質抑制効果の検証結果(スギ花粉)では、99.9%以上の減少が確認されています。また、抗菌効果の検証結果(黄色ブドウ球菌)でも、同じく99.9%以上減少という結果に!

酢酸やアンモニアの消臭試験結果も確認可能

上の項目で紹介した「付着アレル物質抑制効果の検証結果(スギ花粉)」「抗菌効果の検証結果(黄色ブドウ球菌)」のほかにも、「酢酸の消臭試験結果」「アンモニアの消臭試験結果」が公式サイト上に掲載されています。分かりやすいグラフでデータをチェックすることができます!

快適空間が叶う抗菌塗料おすすめ3選はこちら

Hydro Freshの仕上がり

株式会社イント

Hydro Freshの施工事例
引用元:イント公式サイト
(http://pa-int.net/whatnew/672/)

透明な液体でサラッとしていて、水と同等な粘度のHydro Fresh 。実際に塗られた壁を見ても、塗ったことが分からないくらい、自然な仕上がりです。

編集部より

「ハイドロ銀チタン」の効果を活用した抗菌塗料。花粉、カビ、汗・ニオイといったたんぱく質を分解する働きが大きな特徴です。

抗菌塗料を選ぶなら、以下のポイントに着目して選ぶようにしましょう!

基本情報

性能が豊富な抗菌塗料3選